桂由美ハッピーウェディングドレス♪

桂由美フランチャイズ ベイブライダル舞浜のスタッフブログ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

Tokyo Weddhing Collection ブライダルフェスタ  byオオクボ

7/31,8/1に東京国際フォーラムにて行われました、
Tokyo Weddhing Collection ブライダルフェスタ
に参加して参りました

年2回、特別ゲストを招いて行われているこのイベントですが、
私共、ベイブライダル舞浜は、今回が初参加!!

ジュエリーコーナーあり、会場相談コーナーあり、ファッションショーあり、
の、盛りだくさんのイベント

今回のスペシャルゲストは・・・

小森純さんでした。

ファッションショーでは、数々のドレスショップのドレスが出展されましたが、
その中で、小森純さんには、桂由美のウェディングドレスをお召し頂きました

お召し頂いたドレスはコチラのドレスです

プリンセスラインF7794

チュールがフワフワと愛らしく、煌めき溢れるマリエ。
フィッティングの際、何点か試着し、このドレスを気に入っていただきました^^
なんと言ってもポイントは、360度どこから見てもデザインの違うという圧倒的な存在感!
軽くやわらかさがある印象なのに、それでいてとっても華やか!
シルエットもとっても綺麗でまさに、ユミマジックにかけられてしまう素敵なマリエでした。

小森純さんの、とびきりキュートな笑顔にぴったり!
かわいく元気に着こなしてくださいました^^
参考にコチラをごらんください!とってもかわいいです
http://beauty-cdn.oricon.co.jp/news/78640/full/


ショーのお写真も後日UPさせていただきますのでお楽しみに!



スポンサーサイト

| お店の最新情報! | 2010-08-04 | comments:1 | TOP↑

≫ EDIT

季節を楽しみながら新妻ライフを!!     ソエジマ

今回は本格的に春を感じられる季節
4月です

公園や街中で見られる桜は
私たちの目を楽しませてくれます
家族みんなでお花見もいいですよね

そして身内に子供がいれば1つ学年が上がる時期
1年前とくらべて成長した子供の姿に
驚かされます


桜や進級、4月は本当に華やかな月ですね~



4月 卯月(うづき)
5日ごろ・・・清明
20日ごろ・・・穀雨
29日・・・昭和の日
春分から15日目、春盛りを迎え清々しく明るい陽気の頃を清明という。穀雨は、種をまいた田畑が春の雨で潤うころのこと。昭和の日は昭和天皇の誕生日。もともとはみどりの日と言う名前だったが、10年前から昭和の日と呼ばれるようになった。



4月はイベントが少なめです
なにか自分たちでイベントを企画して
家族と過ごす時間を作ってみましょう
きっと喜ばれるはずです!!





(参考:ゼクシィ)

| その他 | 2010-06-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

季節を楽しみながら新妻ライフを!!(3)     ソエジマ

今回は3月です
気温も暖かくなってくる季節の変わり目です
新しいことにチャレンジもしたくなる時期ですよね~

暖かくなってくると外に出ることも多くなりますが
朝と夕方からはまだまだ冷えます
体調に気をつけながら春を迎えましょう


3月 弥生(やよい)
21日ごろ・・・春分
昼と夜の長さが同じ。暑さ寒さも彼岸まで、と言われるように、春分の日を境に暖かさが増してくる。21日ごろは春の彼岸のお中日。

<親族のおひな祭りの祝い>
ひな祭りの祝いの席に招かれたらふたりで出席を
女の子の健やかな成長を祝うひな祭りで桃の節句とも言われている。女の子のいる家では雛人形を飾り、ちらし寿司などの祝い膳を囲むのが一般的。招かれたら、事前に親に聞き子供が喜ぶ品物を持参して出席を。

<卒業・入学>
お祝いは身内や身内同様の付き合いをしている人に
卒業や入学祝いは、これからその子供に役に立つと思われる学用品など残るものが一般的だが、品物が他の人と重ならないように兄弟姉妹がいれば相談して決めよう。値が張るものなら兄弟同士お金を出し合って購入しても。

<春分の日(春のお彼岸)>
祝日でもある春分の日はできるだけ先祖の墓参りを
お彼岸は先祖の霊を供養する墓参りの日でもある。結婚後、初のお彼岸はふたりで両家の墓にお参りを。遠方で行かれない場合は、お菓子などを贈り、仏前に供えていただくなど気にかけているという意思を伝えよう。



記事を書きながら耳が痛くなりました
私、「お彼岸」など忘れがちです・・・
反省です。

やっぱりご先祖様は大切にしないといけないですよね
きっといつもどこからか見守っていてくれてるはずですもん!!


記事をアップしながら私もお勉強ですね
素敵奥様目指して頑張りましょう!!

| その他 | 2010-06-14 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

季節を楽しみながら新妻ライフを!!(2)     ソエジマ

今回は2月の行事を・・・
と思ったのですが、2月は行事が少ないんですね

忙しかったお正月から一息ホッと出来る時期
なのかもしれません

3月、4月は新たなスタートをきる方も多いので
その準備期間にもなりますよね



2月 如月(きさらぎ)
4日ごろ・・・立春
どんなに寒くても暦のうえで2月は春。立春は、春の始まりを告げる日。この日は、陰暦の新年にあたり、寒明けとも呼ばれている。

<バレンタインデー>
愛のキューピッド役だった司祭が処刑された日
女性から男性に愛を告白する日だかが、そもそもは兵士の結婚を禁じる掟を破り幾組ものカップルを結婚させた司祭バレンチヌスが処刑されたのが14日。結婚後、初のバレンタインデーは豪華ディナーを楽しんでは?



2月はちょっと行事も少ないということで
彼の親から贈り物を頂いたときのお礼状の例文を記載するので
参考にしてくださいね

お礼状例文
日増しに暑さが増してまいりました。
お父さん、お母さんにはお変わりなくお過ごしでしょうか。
おかげさまでこちらは、二人とも元気に仲良く毎日を過ごしています。
さて、ほんじつはたくさんのさくらんぼをお送りいただき、
ありがとうございました。ひと粒、口に含むと
上品な香りと甘味がいっぱいに広がり、
一郎さんも故郷の味を懐かしみながら
大事に味わっていました。本当にありがとうございました。
今年は猛暑と聞いておりますのでもう少し涼しくなりましたら
ぜひこちらにも遊びにいらしてください。
季節柄、お身体には十分お気をつけくださいませ。


お手紙ってなかなか難しいですよね。
私も書くのに1時間以上かかってしまうことも
しばしばあります。。。
でも、お手紙は本当に喜んでもらえるので
私も書いてよかったなぁと嬉しくなります


あとはいただきものをしたら
まずは電話でのお礼も忘れずに


(参考:ゼクシィ)

| その他 | 2010-05-31 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

季節を楽しみながら新妻ライフを!!(1)     ソエジマ

日本には
季節に応じた行事やお付き合いがありますよね
結婚をすると
こうゆうお付き合いが増えるものです

私も知らないことのほうが多くて
バタバタとあわてて品を買いに行ったりしていました


私のようにバタバタとあわてない為にも
主な年間行事を月ごとに記事にしていきます

季節を楽しみながら
新しい家族と親睦を深めていってくださいね




1月 睦月(むつき)
1日・・・元旦
5日ごろ・・・小寒
21日ごろ・・・大寒

1月1日の元日の朝が元旦で、五穀豊穣、家内安全、平穏無事など、これから1年無事に過ごせることを祈る日。1月1日~3日までを三が日、7日までを松の内と呼ぶ。また、この日から寒さが厳しくなるという意味から5日頃を小寒、1年で1番寒さが厳しい21日ごろを大寒と呼ぶ。

<正月飾り>
歳神様を迎える正月飾りは12月28日に飾る
玄関先に門松、しめ飾りを飾る。最近は、リース風にアレンジされたおしゃれなしめ飾りもあり、若い人の間で人気。大小の丸餅を重ね、歳神様への供え物として飾る鏡餅は1月11日の鏡開きまで飾るのがならわし。

<彼の家、実家への挨拶>
正月の里帰りは、彼の実家から先に行くのがベター
結婚して初めて迎えるお正月はふたりそろって両家共にうかがおう。彼の実家から先に訪問するのが一般的だが、事前に電話などで親の都合を確認したうえで訪問を。甥や姪など子供がいる場合にはお年玉も忘れずに。

<お年始>
結婚式でお世話になった人には新年の挨拶にうかがう
新年のご挨拶に伺う時に贈る品。結婚後、初めてのお正月では、媒酌人や直属の上司の家に相手の都合をうかがったうえで訪問を。品物には紅白の蝶結びのしつきのかけ紙に「御年始」または「御年賀」と記して。

<お年玉>
お正月にふさわしい柄のポチ袋に入れて渡す
もともとお年玉は歳神様に備えたお餅を下げ、神様からの賜り物として分け与えたのが始まりで、今はそれがお金になった。年齢にふさわしい金額(小学生までなら3000円ぐらいまでが相場)をポチ袋に入れて渡そう。

<年賀状・寒中見舞い>
年始の挨拶状が年賀状、寒中見舞いは季節のご挨拶
年賀状は松の内(1月7日)までに出すものなので、その時期を過ぎたら寒中見舞いとして出すのが常識。最近は正月を海外で過ごす人も多く、年賀状の返事が松の内までに間に合わない人は寒中見舞いにすると良い。

<七草がゆ>
年末年始に酷使した胃腸を休めいたわる意味のお粥
1月7日の朝にいただく、春の七草(セリやナズナなど)をいれたお粥。食べると万病が防げると言い伝えがあるが、これはお正月のご馳走で、もたれた胃腸をいたわるという料理。市販の七草セットで作ってみては。

※地域により日にちが異なる場合があります。




年の始め、やっぱり1月は行事が多いですね~
次回は2月を書いていきまーす


(参考:ゼクシィ)

| その他 | 2010-05-22 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。